1. ホーム  >  
  2. 京都いのちの電話とは

京都いのちの電話について

いのちの電話とは

「いのちの電話」は自殺予防を目的とし、苦悩の多い時代に生きるものが、お互いに等しくよい隣人になりたいという願いから、国境を越えて生まれた運動です。
現在、日本全国51か所のセンターで約7,000人のボランティアが相談活動しています。

京都いのちの電話とは

京都いのちの電話は、1982年4月1日に開局しました。1985年4月からは、眠らぬダイヤルとして、年中無休24時間体制で相談電話を受け続けております。

2016年の年間相談件数は、22,088件(無言電話など相談に至らなかったものは除く)でした。
開局以来の総受信件数は、739,392万件(2017年1月末現在)になります。

今後も24時間体勢を継続していくために、相談員ボランティア、資金ボランティアを必要としております。

  • 電話相談はボランティアによって行われます。
  • 電話をかける側、聴く側、いずれも匿名とします
  • ボランティアは電話をかけてきた人の秘密を守り、お互いの宗教・心情などを尊重します
  • 電話相談にあたるのは、定められた研修課程を修了し、いのちの電話の認定を受けた人たちです


京都いのちの電話として、次のような活動も行っています。

事業報告書(2015年度)

(資料はすべてPdfファイル)

社会福祉法人 京都いのちの電話事務局
〒616-8691
京都市西郵便局私書箱35号
TEL.075-864-1133   075-864-1134